祭り

竿燈まつり




秋田の夏の風物詩として名高い竿燈まつりは、俵型をした提灯を竿に吊して大きな稲穂に見立て、竿を操って力と技を競う祭り。真夏の睡魔や邪気を払う江戸時代の七夕行事が起源といわれ、五穀豊穣を願って秋田藩久保田城下の町民の手で受け継がれてきた。夜は竿燈大通りに大若(竿の長さ12m、重さ50kg、提灯46個)、小若、幼若などが並び、太鼓やお囃子に乗って妙技が繰り広げられる。昼は各町内・企業から技自慢が集まって妙技会が行われる。国重要無形民俗文化財。


【夜・本番】 竿燈大通り

  • 午後6時15分 交通規制 (秋田中央道路駅東入口は午後6時)
  • 6時50分 竿燈入場(予定)
  • 7時25分 竿燈演技
  • 8時35分 ふれあいの時間(写真撮影・竿燈体験)
  • 8時50分 竿燈退場
  • 9時30分 交通規制解除

【ご当地グルメフェスティバル】

イーホテル秋田向かい

  • 3日〜6日/午後3時〜午後9時30分

 


【昼竿燈(妙技会)】
エリアなかいちにぎわい広場

  • 4日〜6日/ 午前9時00分〜午後3時40分(予定)


【屋台村】

市役所会場

  • 2日〜6日/ 午後3時〜午後10時30分

中央会場

  • 3日〜6日/午後3時〜午後9時30分

 


[お問い合せ]秋田市竿燈まつり実行委員会

TEL 018-888-5602 (秋田市観光振興課)

ホームページ http://www.kantou.gr.jp/

[竿燈観覧席予約センター] TEL 018-866-9977

特集:夏を彩る光の稲穂「秋田竿燈まつり」

 

 

名前:
竿燈まつり
日時:
8月3日〜6日
会場:
竿燈大通り