私の秋田市!おすすめスポット紹介

秋田市立赤れんが郷土館 勝平得之記念館

赤れんが館は、明治45年に建てられた旧秋田銀行本店で、昭和44年まで銀行として使われており、国の重要文化財に指定されています。
煉瓦造2階建の建物は、水平線や半円を取り入れバランスを重視したルネサンス様式を基調としており、土台は男鹿石、1階は白の磁器タイル、2階は赤煉瓦という紅白のコントラストが美しい外観となっております。
3年という長い歳月をかけて丹念に造り上げられた赤れんが館の建設費は、当時のお金で約4万9千円。現在のお金に換算すると50億円ほどになるそうです。
正面入り口を入ると旧営業室があり、天井に施された石こうレリーフやシャンデリアをはじめ、各所に見られる漆喰や木彫による装飾、ふんだんに使われた大理石などにより壮麗な雰囲気が醸し出されています。
実際に使われていた頭取室、貴賓室、書庫、金庫室や、国産の白大理石を使用してつくられた階段、帯鉄で鎧のように連結され、ハンドルを使って手動で巻き上げる鉄製の窓のシャッターなどは、明治の香りを伝える歴史的価値の高いものとなっています。
また、版画家・勝平得之、人間国宝・関谷四郎の記念室や、秋田市の歴史と文化を紹介する映像、明治の秋田市内の様子の写真展示など、細部まで見どころのある建物です。

〒010-0921
秋田県秋田市大町三丁目3-21
TEL:018-864-6851

※ひらがなを1字入力下さい
あなたの答え