私の秋田市!おすすめスポット紹介

秋田大学大学院国際資源学研究科附属鉱業博物館

秋田県は鉱産資源に恵まれ、古くから鉱山開発が進められてきた地域です。県内各地には黒鉱鉱床や鉱脈鉱床などの金属鉱床が多数存在します。また、日本海沿岸部は国内有数の油田地帯として知られています。これらの地下資源は、長年にわたり採掘され日本の近代化や高度成長を支えてきました。

鉱業博物館は、これらを後世に伝えるために適切な管理下で保存し、いつでも学術研究や教育に利用できるように整理を進めています。常時公開中の展示棟では、様々な色と形の鉱物・鉱石、珍しい岩石や化石を多数展示しているほか、資源開発の流れと鉱山技術について実機と精密模型でわかりやすく解説しています。また、期間限定の企画展・特別展や市民開放講座を通して、大学の最新の研究や幅広い学術分野の成果を紹介しています。

お問合せ
秋田大学大学院国際資源学研究科附属鉱業博物館
TEL:018-889-2461 FAX:018-889-2465