私の秋田市!おすすめスポット紹介

秋田城跡歴史資料館・史跡公園

秋田城は奈良時代から平安時代にかけて東北地方の日本海側(出羽国)に置かれた大規模な地方官庁で、政治・軍事・文化の中心地でした。

奈良時代には出羽国の政治を行う「国府」が置かれ、また津軽(青森)・渡嶋(北海道)のほか、大陸の渤海国(現中国東北部から朝鮮半島北部、ロシアの沿海地方)など対北方交易・交流の拠点としても重要な役割を果たしていたと考えられています。平安時代に入り、10世紀の中頃まで機能していました。

秋田城跡歴史資料館は、国指定史跡秋田城跡の調査研究成果の公開と活用を行う総合拠点施設として2016年にオープンしました。4つの展示室と映像展示室、漆紙文書や木簡に書かれた文字を赤外線カメラを使って解読する体験コーナーや全国で唯一の発見例「非鉄製小札甲(ひてつせいこざねよろい)」の実物展示を通じて秋田城の歴史を楽しく知ることができます。

秋田城跡歴史資料館
営業時間:午前9時~午後4時30分
料金:大人200円、団体(20名以上)160円
高校生以下無料、年間観覧券300円

秋田城跡史跡公園
入園無料。年中入園可

お問合せ
秋田県秋田市寺内焼山9番6号
TEL:018-845-1837

※ひらがなを1字入力下さい
あなたの答え